FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
東京都足立区立の小学校で起こった学力テストの不正行為発覚後、
なぜそのようなことになってしまったのか?
テレビなどで取りざたされていますが、山梨日日新聞の方でも、
なかなか面白いことを書いてあります。

対岸の火事と思わず、
現在行われている高校入試等に絡めて、読んでみてはどうでしょうか?

テスト結果、予算に反映

「まるで支店長会議」

「今後はこう言う基準で学校を評価していきます」。昨夏の足立区中学校長会。内藤博道教育長が学力テストの成績優秀校の校長に語りかけた。同区はテストの平均点を学校ごとに集計し、2005年度から順位を公表。校長たちには前年度の成績と比較する表が配られ、教育長は点数が10ポイント以上伸びた学校名を読み上げ、ねぎらった。

「次のテストで上位に入ったら、教員に何か褒美をあげなくちゃ」。学校名を呼ばれて誇らしげな校長の横で、別の校長は違和感を持った。「営業成績を競い合う企業の支店長会議みたいだな」


中学で540万円の差

同区は04年度から脱稿予算の一部を「特色ある学校づくり予算」として傾斜配分する施策を始めた。「学校の自主的、自立的な経営を促す」(区教委)のが狙いだ。

「特色予算」の割合は年々増えており、07年度に最も予算が多い学校と最も少ない学校では、小学校で約288万円、中学で540万円の差がついた。「傾斜配分は公教育のあり方としておかしいのではないか」。区民から批判も出たが、区教委は「学力テストの順位で予算を決めているわけではない」と反論する。

予算査定は各校からの申請に基づいて「校長の熱意や学力テストの伸び率などを総合的に判断している」(区教委)が、具体的な算定基準はないという。学力テストがどの程度の比重を占めるのかは明確ではない。

ただ、44位から1位にテストの順位を上げた区西部の小学校は、「特色予算」から必要経費の教材費を除いた予算額が、06年度の17位から一気にトップに躍り出た。予算額の上位10校のうち、小学校6校、中学7校は"学力テスト十傑”に入っている。


「数字でしか見ない」


こうした現状に敏感なのはテストの下位校。
ある校長は「区教委は『ほかの学校が考えられない特色ある取り組みをしろ』と各校を競わせるが、地道な教育活動は評価されにくい。保護者も数字しか見ない」と嘆く。

区は否定しているが、学校関係者や保護者の間では「いずれ統廃合される学校が出てくるのではないか」との懸念が消えない。

中学校教員の一人は「手っ取り早く学校のイメージを変えようと思ったら、学力テストで良い成績を取るのが一番簡単な方法だ。そこに不正の余地がある」と指摘した。 : 山梨日日新聞 7/11付 

スポンサーサイト
2007.07.13 Fri l 受験関係 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mmokuren.blog78.fc2.com/tb.php/17-fbd76f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。