FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「合否の判定基準が不明確」などと指摘する声が出ている今年の高校入試の前期募集について県教育委員会は4月、受験した全ての新高校1年生を対象にアンケート調査を実施することになりました。

高校入試が今年から新しい制度で行われたことを受けて、県公立小中学校長会は、来年の入試に向けて意見や要望をまとめ、県教育委員会に提出しました。

この中で自己推薦制で行われた前期募集について「合否の判定基準が不明確」と指摘したほか「学力やクラブ活動の成績など、志願条件が厳しすぎる」「短い面接時間の中で、学力を試す口頭試問が多く、中学のレベルを超えたものも含まれていた」と指摘しています。

このため、この春、高校に入学する全ての新1年生6900人とその保護者を対象に来月行うアンケート調査で、県教育委員会では、「前期募集は自分にとって良かったか良くなかったか」を尋ねるほか、前期募集に出願しなかった受験生にはその理由を、さらに志願条件についての意見も聞くことにしています。

県教育委員会の山本正彦新しい学校づくり推進室長は、「調査の結果を踏まえて、来年の入試に向け、どんな課題があるか洗い出し、各高校にフィードバックしていきたい」と話しています。 
= 3/29 お昼のNHK甲府放送局にて


確かに、自己推薦制というわりに、各高校のHPなどで発表されている「志願してほしい生徒像」をみると、3年間の学習による内申点の高さや部活などで県大会以上活躍のあったもので証明できるものとか、生徒会の役員の実績とか、たびたび出てくる「3大検定」(英検・漢検・数検)3級(準2級というところもあった)など、えー!?とそっくり返るような内容だったかもしれない。

内申点のことは、どう考えるべきか?は分からないが、
私的には、3年生のあの時期になって「内申点が・・・」といわれるよりも、1年生のころから受験を見据えて「しっかり勉強して・・・」と前向きに言ってもらえたほうがよかったかな?と思ったりもする。
私のように「他県出身」だと、山梨県の内申点や調査書ってどういう風になっているのか?自分のときに置き換えることが非常に難しかったように思う。
私たちのころは評価も相対評価だったので、5を取るってことはクラスで1,2人の枠に入ること・・・だから、4や3がザラ。
それを「単純に9教科の成績を足して、9で割る」と大体自分の内申点ってもんがわかった。(今は違うかもしれないけど、私のときはそれで、みんな理解してた)
でも、そういう調査書と教科の内申点のしくみなどは、教えてもらっておいたほうが親も3者懇談や進路決定のときの目安にはなるので、オープンにしてもいいんじゃないのかな?と思う。

ただ、私の中学生のころの評価が相対評価だったのに対して、娘達の評価は絶対評価。学校によっても4や3のつけかたに差が出てしまうってのもあるみたいだ。

前期募集って何?と思っている保護者も多いと思うし、
調査書の仕組みや内申点のつけ方見方など、学校の保護者会などの集まる席上で、保護者対象の受験講座みたいなものを開いていただけたら、もっと山梨の高校入試も変わるんじゃないのかな?っと思う。
スポンサーサイト
2007.03.29 Thu l 受験関係 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mmokuren.blog78.fc2.com/tb.php/11-f6cdb727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。