上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
普通科4校 219人増、人気裏づけ

山梨県教委は23日、今春の公立高校の入学者を旧学区別にまとめた調査結果を発表した。普通化の学区を撤廃し全県一学区とした影響で、旧甲府学区の普通科4校は同学区外の入学者が前年度より219人増え、4校の全入学者に対する「学区外生徒」の割合は26.3%と約20ポイント上昇。甲府人気の傾向を裏付けた。これに対し、4校の同学区からの入学者は175人減少。隣接学区の学校への入学者が増え”流出傾向”も浮き彫りになった。学校関係者からは、選択幅拡大で志望校を積極的に選んだ一方、甲府人気で押し出された生徒もいたことを指摘する声がでている。

県教委新しい学校づくり推進室によると、今春の公立高30校の合格者6853人のうち、県内の中学卒業者6831人を対象に調査した。

旧甲府学区外から、総合選抜制度(総選)を敷いていた甲府一、甲府南、甲府東、甲府昭和の普通科4校への入学者は計274人。前年度の55人(5.5%)を大きく上回った。旧学区別にみると、石和が59人増の79人、市川が42人増の56人、東山梨と小笠原はともに37人増で44人と42人、韮崎が31人増の32人など。

流出入が最も激しかったのが甲府東。甲府からの入学者が87人減ったのに対し、学区外からの入学者は東山梨32人、石和31人、韮崎11人、市川9人、小笠原6人それぞれ増えた。

同推進室は「JR沿線に位置するなど通学の利便性が良い甲府東などを中心に、他学区からの流入が増えるのは当初から見込んでいた。今春入試では7割以上の生徒が前後期とも同じ高校に出願しており、学区にとらわれず生徒が主体的に進学先を選択したと受け止めている」としている。

一方、甲府学区からの普通科入学者が増えた主な旧学区は、白根が41人増の58人、市川29人増の29人、山梨・石和は21人増の34人・22人、韮崎15人増の21人、巨摩11人増の14人など。

旧市川学区の市川高の入学者は、学区内からは50人現象したが、旧甲府、小笠原両学区からは53人増えた。松土清校長は「生徒が学校を選ぶ時代。市川高の魅力PRに努めてきた結果、進学先を甲府などの学校にするか迷っていた生徒も市川高を評価し、積極的に選んでくれた」と話す。

一方、今春入試で受験指導をした甲府市内の中学校教諭は「甲府に人気が集中したため家族と話し合って学区外の高校を勧めたケースも複数あった。今後もこの傾向は続くと思う」と話している。 = 山梨日日新聞 8/24付


いよいよ夏休みの終わり、受験も本格的になる2学期です。
夏休みの間、どこの高校でも「学校説明会」や「一日体験入学」などで、多くの中学生や保護者に見てもらおうとがんばっています。

でも、本当の意味での学校選びとは、将来自分が何になりたいのか?
その夢の実現にむけて、どこの学校を選択するのが一番いいのか?ということを考えずして、ただ闇雲に人気があるから、あそこの高校に入ると自慢できるとか、いわゆるファッション感覚な気持ちが受験生や保護者の心の中にありませんか?

甲府人気はひとつに「ステータス」ってこともあるように思います。
「ステータス」というのはある意味において見栄だと私は思っています。いくら良い高校に入れたとしても、入った後に授業について行けない、クラスメイトとの人間関係がうまく構築できないなど、さまざまな問題を入学した直後、子供たちに襲い掛かります。
そこまでして、甲府学区にいかせたいのか?
今一度、親子で考えてもらいたいと思います。

中学では優等生だったかもしれませんが、
高校では同じレベルの子供たちが一緒に入学します。
テストの結果、いきなり順位が下の方になってしまって「こんなはずじゃあなかった」と思ったりします。

また今までの仲間なら笑ってくれたであろう冗談でも、入った高校によっては、無反応だったり、お愛想笑いだけ・・・ということもあるようです。すると「あー 中学はよかった」と嘆いたりもあります。
今までの仲間とはまるで違う人たちの中に入るのですから、
中学のノリが通用するようなものではないのです。

など、手厳しいことを言っておりますが、
現にあこがれて入った学校になじめず、入学してまもなく不登校になった子供が何人もいます。実際その子が私の身近な人のところにもあったということをつい先ごろ知って、正直ショックを受けました。
何のために、あの高校に行かせたのだろうか?
本人が望んでいたはずだったではないか?
と。

でも、子供にはいろいろな事情で不登校になったりするものなのです。

そういう子供を出さないためにも、
ただ甲府というブランドだけで学校を決めるのもいかがなものか?
子供が通学に耐え切れるのか?部活はどうか?家庭学習する時間があるのか?など学力や校風だけでなく、自分の子供についてもよく考えて高校を選ぶという親の目を養っていく必要があるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
2007.08.25 Sat l 受験関係 l COM(2) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。